忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
086 ヴェレーク・セイン


緊急連絡を受けて、慌ててウインターホールド大学に戻ってきた。
聞けば、生徒数名が地下へ行ったきり、行方不明になっているという。

探索を命じた先生の話によれば、地下には怪しげな手のモニュメントやら、召還陣やらがあったらしい。
何故、そんな事実に今まで気付かなかったわけ?



「いや、まあ教師も生徒も皆、自分の研究以外にあまり関心がありませんから。」

捜査を命じた教師は素っ気無くのたもうた。

「そろそろ、自分の研究室に戻っていいですか?」
「何言ってんの?生徒が行方不明なんだぜ。」
「はあ・・・あ、そうそう。何やら奇妙な指輪を見つけました。あれが関係あるかも。」
「そういう事は早く言えって!」



お馬鹿な捜査官は、ブツをわざわざ大学の図書室に置いてきたというので、一発殴ってから、ブツを取りにやって来た。



ああ、これね。・・・見た感じ、変わったところは見受けられないけどなあ。



手のモニュメントと指輪・・・もしやと思い、試しに指輪を嵌めてみたら・・・ビンゴ!

モニュメントがもぞもぞと独りでに動き始めた。気色悪ぅ



んん?なんか骸骨が出てきて周囲をぐるぐると回り始めたぞ。



うわ!誰か出た。

「我が名はヴェレーク・セイン。お前か?我を召還したのは?」
「ああ。そんなつもりなかったけどな。」
「なんと面白きことよ。人間風情にこうも立て続けに我が呼び出されるとは。最も前の者たちは、力なき故、我を中途半端に呼び出した罰として死をくれてやったがな。」

ぷち

「・・・それって、かわいらしい女の子達じゃなかったか?」
「う、む?」
「眼鏡っ子やら妹系やらツンデレ系やら不思議ちゃんやら、いろいろいただろう?」
「ん、ん~??いたかも。」



「ハイ、お前はもう死んでいます。」
「え?え?」
「拙僧の大学の生徒に手を出して、生きていられると思うなよ!美人を集めるのにどんだけ苦労したか分かってんのか?ああん!?」



「ま、待て!俺が生涯をかけて集めた宝をやるから待て!」
「だ~か~ら、お前はもう死んでるの。死者が何言い出すわけ?」



ぐえっ


拙僧は生徒達の仇を取った。
デイドラにしては弱すぎて、拙僧に攻撃を仕掛けた途端、勝手に倒れたんだが。




後日、ヴェレーク・セインの残した宝を求めて、地図に載ってた場所へとやって来た。
ま、それはそれ。これはこれ。



うお!急に何か現れやがった!



おお~。金の延べ棒やら黄金のディベラ像やら、なかなかにゴージャスやのぉ。
この分だと、宝箱の中は??



63ゴールドとロックピック4個・・・って、ええ!
たったこれだけかよ!

デイドラが生涯を賭けて集めた宝なのに・・・ヴェレーク・セインって相当な小物なんだろな。
PR
【2012/05/10 21:58 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<087 消えた探検隊 | ホーム | 085 夜明け2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>