忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
071 思い出の夜2


「ノコノコとよくもまあ、面を出せたもんだな!」
「ここでもか・・。」
「おいっ!人の話を聞いてんのか!?」
「すまない。良かったら聞かせてくれ。何も覚えてないんだ。」
「ふざけんなっ!俺の俺の大事な彼女にあんなことをしておいて!」
「え?」

ディベラの女神官の助言通り、拙僧はロリクステッドにやって来た。
すると、拙僧の顔を見るなり、エニスという男が血相変えて飛んできたのだった。

拙僧、もしかしてこの人の彼女とヤッちまった・・・のか??



「ヤギのグレダだよ。」
「うっ・・・そーか、拙僧とうとうヤギにまで手を出したのか・・。」
「何、ワケ分からんことを言ってるんだ?お前はグレダを盗み出して、巨人に売っぱらいやがったんだ!」
「あーそっちか。拙僧もまだそこまで堕ちちゃいなかったよーだな。良かった。」
「ごちゃごちゃ言ってんじゃねえ。ともかく、すぐにグレダを取り戻して来い!」

エニスに教えてもらった通りに進むと、巨人戯れるヤギの姿が見えた。
元来、巨人は穏健な種族である。
風貌と怪力は脅威だが、こちらから悪意を持って近づかない限り、危害はない。

しかし、人懐っこい、もとい巨人懐っこいヤギだな~。



巨人と交渉して、手違いであったことを詫び、グレダを返してもらった。

「よし。村へ帰ろう。」



このヤギ、スゲエよ。
拙僧が懸命に馬を飛ばしてるのに、いとも簡単に付いてきやがる。
しかも初対面(あ、2回目か)の拙僧にもよく懐いてるようだ。



「昨夜のお前の様子?そんなこと聞いてどうすんだ?」
「すまんが何も覚えてないんだ。サムっていう連れがいたはずなんだが、何か分からないか?」
「お前は一人だったけどなあ。しかも酩酊状態みたいだったから、言ってることも良く分からなかったし。・・・あ、ただ『イソルダに借りを返さなきゃ!』とか言ってたぞ。」
「『イソルダに借り』ね。分かった。サンキュー!」

イソルダね・・。今度は何をやらかしたんだろなあ。
PR
【2012/05/01 11:33 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<072 思い出の夜3 | ホーム | 070 思い出の夜1>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>