忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
070 思い出の夜1


「よぉ、にいちゃん。俺と一杯やらんか?」
「あいにく今日は持ち合わせが心許なくてな。」
「ツレねえなあ。よし・・俺に勝ったら、奢りにしてやんよ。どうだ?」
「呑みっぷりじゃ、拙僧には勝てんぞ。後悔するかもしれんが、いーのか?」



吟遊詩人大学での勉強をひとしきり終え、早速実践とホワイトランの『バナード・メア』にやって来た。
しかし思ってたようには上手く行かず、今日のところはさっさと引き上げようとしたところで、酔っ払いのサムという男に絡まれたのだった。

軽くむしゃくしゃしていた拙僧は、せいぜいタダ酒を楽しんでやろうと、サムの申し出に受けてたった。



・・・ところまでは良かったのだが。



「起きなさい!」

う・・・もう朝か。

「さっさと立ちなさい!」

あー頭が痛い。もうちょっと寝かしといてくれよ、マスター。




ん?ここ、バナード・メアじゃねえな。



「ここはマルカルスのディベラ聖堂ですよ!」
「へ?」
「昨夜の乱暴狼藉は到底許されるものではありませんよ。」
「え?え?拙僧、何したの?」
「呆れた・・・。覚えてないというのですか。これだから酔っ払いは。」
「すまない。本当に分からないんだ。教えてくれ。」



拙僧は女神官から、昨夜聖堂に侵入して、中でむちゃくちゃに暴れて、ゴミを巻き散らかしたことを知らされた。
罰として、ゴミを片付けるよう命じられたが、処置としては寛大な方だろう。



ゴミを拾い終わった拙僧は、女神官に報告すると共に昨夜の事を詳しく聞いてみた。

「昨夜のことですか?」
「ああ。サムというツレが一緒にいたはずなんだが。」
「うーん・・・あなたは一人でした。言葉も支離滅裂で良く分かりませんでしたね。ただ『ロリクステッド』でどうこうと何度も呟いてましたよ。」
「ロリクステッド?」
「ホワイトランの小さな農村ですよ。そちらに行けば、何か分かるのではありませんか?」

う~・・何も思い出せん。。
PR
【2012/05/01 11:08 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<071 思い出の夜2 | ホーム | 069 オラフ王の焚刑祭4>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>