忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/19 01:01 】 |
068 オラフ王の焚刑祭3


「ほう、そんなことがありましたか?」
「ああ、あいつタダ者じゃねえな。あの技にあの強さ・・・きっと孫●●」
「ともかく目的の物はありますかな?」
「・・あ、ああ。これだ。」
「ほ、ほお・・・・ふむふむ・・・むむむ・・・駄目だ、これでは使えない。」
「どうかしたのか?」

「証拠として、用いることが出来るかもしれないと期待していたのです。」
「何の?」
「歴史です。我々吟遊詩人大学の恒例行事で焚刑祭というのがありましてな。」
「ああ、聞いたことがある。確か祭りのクライマックスに王の彫像を燃やすんだよな。」
「そうです。ところが今年は、首長のエリシフから『待った!』がかかりまして。」
「何故だ?」
「きっとおつらいのでしょう。ただでさえ、先日夫を亡くされたばかりなのですから。彫像とは言え、王が焼かれる姿を見たくないのでしょうね。だからと言って、我々も長年続いてきた祭りをそう簡単にも止められません。儀式にちゃんとした意味があることを証明して、例年通り、焚刑祭を執り行いたいのです。」
「それで詩歌と何の関係があるんだ?」
「ここに手がかりが書かれているに違いないと思ったからです。しかし、墨で塗り潰されているところもあり、肝心なところで情報が足りません。」
「・・・なら、情報を補ったらどうだ?」



「大丈夫ですかねえ?あなたに言われて、いろいろ文言を付け足しましたが。。」
「大丈夫大丈夫!世の中、度胸とハッタリで大概のことは乗り切れるもんよ。」
「そりゃ、傍らで見ているだけのあなたは良いですよ。私は首長や執政の前で、歌わないといけないんですから。」
「ま、駄目だったら逃げるまでさ。吟遊詩人大学に戻るのは無理だが。他にアテはいくらでもあるからな。」
「いくらでも?」
「同胞団、ウインターホールド大学、盗賊ギルド、フォースウォーン・・ああ、後、ホワイトランとリフテンにも顔が利くぜ。どこに行きたい?」
「・・・なんか、あなたが末恐ろしく思えてきました。」



「あんた、ジョーンか?」
「あなたは?」
「拙僧はエダジマ。この度吟遊詩人大学に新たに入学した者だ。」
「そうか、今後ともよろしく。」
「こちらこそ。・・そうそう学長から言伝だ。『目出度く、焚刑祭再開の認可を首長より頂きました。準備をよろしく』だとさ。」
「何!?それは本当か?よし、これは忙しくなるぞ!すまんが・・・あなたは日が暮れたらまた来てくれ!」
PR
【2012/04/30 17:25 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<069 オラフ王の焚刑祭4 | ホーム | 067 オラフ王の焚刑祭2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>