忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
062 三人衆復活


「来て欲しいところがあるの・・・



カーリアに呼び出されて、リフテン裏の立石までやってきた。
一体どういうつもりだろう?

ブリニョルフも怪訝な顔をしている。



時は一刻を争うの・・・説明は移動しながらするわ・・。



「二人には、ナイチンゲールになってもらいたいの。」
「へ?」



「選択肢はないわ。メルセルを逃がしたくなければ、あなた達はナイチンゲールの力を得るしかない。」



「今なら漏れなく、イケてる『ナイチンゲール専用防具』も支給される特典付きよ。」
「・・・・。」



「じゃあ、一人ずつ立ち位置が決まってるから、よろしくね。」

拙僧とブリニョルフが左右に移動したのを見届けてから、カーリアは何やら呪文を唱え始めた。



「おおっ!」

青白い光が集まってきたかと思うと、急に頭の中に直接声が響いてきた。

「私はノクターナル。夜と闇を司る女王。呼び出したのは汝か?」
「はい。カーリアと申します。あなた様の忠実な僕。この度はお願いがございます。」
「何だ?」
「この両脇に控える者を、メンバーの一員に加えさせて頂きたいのです。見返りに今世も来世もあなたに仕えることをお約束します。」

本人蚊帳の外で、拙僧の未来・・・決まっちゃったよ。



「おめでとう。これであなた方はノクターナルの力を駆使できる戦士になったわよ。」
「・・・。」
「伝説の『ナイチンゲール』になれたのよ。うれしくないの?」
「・・・だって、拙僧の来世とか決まっちゃったんだぜ。戸惑うなっつー方が無理な話だろ。」
「小さい事をクヨクヨ考えないで!」
「・・・小さいかなあ。」

メルセルの追跡のために、強力な力を得た拙僧は、対決の時に備えて、気が引き締まる・・・ことはなかった。クヨクヨ。
PR
【2012/04/28 22:16 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<063 ブラインドサイト | ホーム | 061 追跡2>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>