忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/18 23:43 】 |
063 ブラインドサイト

 
イルクンサンド-----ファルメルの目と呼ばれる秘宝が眠る場所 。

その昔、先代とメルセルがこのお宝を狙って忍び込んだものの、あまりにもガードが固すぎて諦めていた。
今、メルセルは盗み出した『不壊のピック』を使って、秘宝をGETし、国外逃亡しようとしている。



「そんなことをみすみす許したら、私達盗賊ギルドの名折れよ。彼を放ってはおけないわ。」

拙僧とカーリア、ブリニョルフはメルセルの計画をたたき潰すために、イルクンサンドへとやって来た。




「あれ!メルセルじゃない?」
「悠々と歩いてやがる。急げば追いつけるんじゃないか。」
「待って。わざとらしいわ。きっと罠を張ってるのよ。慎重に進みましょう。」



最深部に到達した拙僧たちは、今まさに宝に手を伸ばそうとしているメルセルを見つけた。



「おい!メルセル!追い詰めたぞ。もうお前はおしまいだ。」
「お前か・・・。ブリニョルフが連れてきた時から、こうなる気がしていたよ。」
「何のことだ?」
「器の話さ。お前も同じようにデカイ器を持ってる。誰かの下について、従っていられるだけのタマじゃないのさ。いつかお前とは剣を交える日が来ると思っていた。」
「御託はいい。盗んだ宝と鍵を返してもらおう。」



「『ハイ、そうですか。』って素直に言うと思ってんのかあぁぁぁ!」

咆哮と共に、メルセルが剣を抜いて踊りかかってきた。
無論、拙僧とて平和的に解決するなんて、微塵も思っていない。
剣を抜いて迎え撃った。


剣を合わせること数合。
メルセルが仕掛けていた罠が作動したらしく、洞窟が倒壊し始めた。

メルセルは透明化したり、ヒット&アウエイを使ったりとあらゆる戦法を駆使してきた。

厄介ではあったが、いかんせん拙僧の敵ではなかった。
拙僧の突き出した剣が、メルセルの体を貫くと、彼は最期に不敵に笑って、崩れ落ちた。

メルセルの亡骸からブツを回収した後、とうとう浸水が始まった。



みるみるうちに水かさが上がってきた。
だがもう駄目かと思った矢先、洞窟の天井が崩れ、上の層と繋がった。

拙僧たちは慌ててその穴から脱出を果たした。



どうやら水位の上昇は収まったらしい。
ヤレヤレだぜ・・・。



「こんな日が来るなんて、夢のようだわ。今、私は汚名を雪ぎ、復讐を果たし、名誉も宝も取り戻した!」

カーリアも興奮気味だ。
・・チャンス!

「カーリア、拙僧の報酬については今度ゆっくり・・。」
「ええ。そうね。あなたには相当お世話になったしね。あなたの望むことを何でも言って
「やったあ!」
PR
【2012/04/29 15:59 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<エントリーNo.009 ノクターナル  | ホーム | 062 三人衆復活>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>