忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
030 東から昇る1


装備を新調するのに、がっぽがっぽ儲ける必要が出た拙僧は、金を唸るほど持ってそうな『東帝都社』に仕事の口を求めるべく、ウインドヘルムへとやって来た。
しかし、スカイリム全土の貿易で潤っているはずの本社は荒れ果てた様子。一抹の不安を感じつつ、社長のオルサスに面会をして事情を聞いた。

「海賊のせいだよ。奴らが商売の邪魔をして、被害が甚大なんだ。」
「首長には話を持ちかけてみたのか?」
「あいつらは内戦にかかりきりで、我々の陳情に見向きもしない。」

主義主張の闘争は御立派だが、泣かされるのはこういった企業や市民達。
国が滅ぶのは外的要因よりも内的要因。
その辺のことをお偉いさんたちは分かっているのだろうか?

「傭兵を雇って、海賊達の根拠地を叩こうにも、それも分からない。八方塞がりだ。」
「何も手はないのか?」
「手がかりならなくもない。怪しいもんだが。実はライバル社の『シャッター・シールド家』の船だけは、安全に航海ができるようなんだ。胡散臭いだろ?」
「いかにも海賊と取引をしてそうだな。」
「だろ?もし可能なら・・・その・・・やつらの裏帳簿を入手できないか?・・・手段は任せるが。」



『シャッターシールド家』と『東帝都社』は、実はお隣さんだったりする。
近隣付き合いは大事にしないとねっ・・・と。




裏帳簿には、ばっちり裏取引のことが書かれていた。
どうやら海賊に金を渡して、自分達の船の安全を保障してもらっているらしい。

「海賊の交渉人と接触して、上手く奴らのアジトを聞き出してくれ。」
オルサスに調査報告したら、矢継ぎ早に次の依頼を出された。

帳簿によれば、ドーンスターの酒場で交渉役と話ができるらしい。



「あーん?なんだよ!こっちはいい気分で酒を飲んでるってのによ~!」

馬鹿丸出しの柄の悪い男が、交渉人だった。同じくおつむの弱そうな兄ちゃんと、周囲に迷惑そうな視線を送られながら、盛大に飲み食いしている。

「ブラッドホーカーという海賊を知らないか?」
「ギャハハハ!知ってるも何も、船団の一隻の船長を任されてるんだぜ。」
「拙僧をその船に乗せてもらえないか?」
「ああん?おめえはどうにも胡散臭えなあ。帰りな。」

「どうやったら乗れるんだ?コレで話さなきゃならんか?」と言いつつ、握りしめた拳を見せた。
「ハッハー。これだから馬鹿の相手はタマらねえ。すぐに黙らせてやるから覚悟しな!」


「オラァ!」


「オラオラオラァ!!!」


船長をボコにして、敵のアジトと強力な後ろ盾がいることを聞き出した拙僧は、一路ウインドヘルムへと戻った。



『東帝都社』では、社長のオルサスが傭兵団長のアデレイサと共に待っていた。

「何?魔闘士のハルデインが、やつらの背後にいるんだって!?」
PR
【2012/03/25 11:20 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<031 東から昇る2 | ホーム | 029 過去の断片3>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>