忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
029 過去の断片3


“メエルーンズのカミソリ”の3つ目のかけらを求めて、デッド・クローン・ロックに住まう魔女を倒した。



「メエルーンズのカミソリの柄頭石GETだぜえええい!」

・・・ってゴメン。さすがにしつこいわな。



「よくやってくれた。君に支払う報酬を惜しむまい。それだけの功績を君は立てた。」

分割された遺物をすべて集めて戻った拙僧に、サイラスは手放しで喜んだ。




「これから、修復に取り掛かる。私と君が出会ったのも何かの運命だ。良ければ君も立ち会うかね?」

誘われて行った先は、なんとまあメエルーンズ・デイゴンを祭る祠。

サイラスはいつのまにか深遠の暁ルックになってるし、やっぱりこいつ只のコレクターじゃねえのかも。



・・・と思って、あっさりと倒しちゃった。




修復した“メエルーンズのカミソリ”も拙僧が活用してあげよう。

『そいつを使って、世界を滅ぼせ』とかメエルーンズの声がするけど、無視無視
どうせ、具現化できないんでしょ?
200年前の負け犬は好きなだけ吼えてろ!




ついでに祠の内部に侵入して、宝も根こそぎGETだぜえええい(あっ、また・・・。)
結構高価なモノがごろごろあるじゃん。ウハウハですなあ。

PR
【2012/03/24 21:07 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<030 東から昇る1 | ホーム | プレイ時間が100時間を越えました。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>