忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/19 00:11 】 |
027 過去の断片1


「ようこそ!我が『深遠の暁博物館』へ!」

“深遠の暁”と言えば・・・オブリビオン動乱の元凶であるデイドラ・プリンス『メエルーンズ・デイゴン』を信仰するオカルト宗教集団のことである。
彼らが脚光を浴びたのは、まさに200年前のオブリビオン動乱の時。
時の皇帝を暗殺し、オブリビオンへ通じる門を開き、邪神を復活させ、タムリエル全土を混乱に突き落としたことによる。【詳細はTES4:Oblivion参照】

赤毛の剣士などの活躍により、彼らの陰謀は潰え、教祖を初めとして、ことごとくが追討され、完全に滅びたと思っていたが・・・。






博物館内には『深遠の暁』の教典を初め、修道服等吐き気を催すものが所狭しと並べられていた。

「なぜ、このようなコレクションを?」
「私の8代前の祖先が、『深遠の暁』メンバーの一人だったんですよ。爺さんも、爺さんの爺さんも、代々身分を隠して暮らしてきたようですがね。」
「博物館を開こうとしたのは?」
「素晴らしいからですよ。どうです?この質量ともに充実したコレクションの数々は?秘蔵しておくなんて勿体無いでしょう?」



「ところで折り入ってあなたに頼みがあるのです。」

呆れて帰ろうとした拙僧を、博物館の館主が慌てて呼び止めた。
PR
【2012/03/23 23:10 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<028 過去の断片2 | ホーム | 026 失われた無垢>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>