忍者ブログ
  • 2018.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.07
020 善意


再び現れた謎の人物
時を止めたり、ぱっと消えたり怪しげな術を使うようなので、
てっきり幽霊かザ・ワールドの使い手かと思ってたけど、どうやら違うみたい

校長らと話した後、颯爽と去っていったけど、正体を突き止めるべく執拗に付いて行った。


すると・・・


向かった先は、ウインターホールドの宿屋
「うちに長逗留してくれてる上客だよ。」と話す宿屋の主人もホクホク顔。

単なる魔法使いでした。
・・・毎回インパクトのある登場の仕方するから惑わされてた。



さて、彼クアラニルにアドバイスされて行ってみた大学の地下には、まさに奇奇怪怪

召還用の魔法陣があるわ、怪しげな手の彫刻あるわ、予言者を名乗るエネルギー生命体いるわ。



普通に大学のあちこちに地下への入り口あるけど、何で今まで知られてないの?

よっぽど自分の研究以外、興味を覚えない人間ばかりだったのか?

・・・全く魔法使いってやつは(以下省略)。


さて地下で新たに入手した情報によれば、発見したものの手がかりはドワーフの遺跡にあるらしい。

今度は何が拙僧を待っているのだろうか??

PR
【2012/03/14 23:06 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<021 見えぬものを暴く | ホーム | 019 猛勉強>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>