忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
021 見えぬものを暴く


ドワーフの遺跡について、ミラベル女史に聞いてみた。
「夜這いついでに、情報収集?あなたも忙しいわね。」
乱れた髪を直しながら、女史は答えた。
「とっくの昔に滅びたドワーフたちの作った機械が蠢いてるって話よ。」
「大昔の話だろ?それが未だに壊れてないってのか?」
「当時の技術は、今のそれとは比べ物にならないほどだったってことね。油断しない方がいいわよ。」








女史が言っていたように、遺跡の中は機械だらけ。
蒸気を噴き出し、ポンプが動き、常に歯車やらが回っている。
とても大昔からとは思えない。・・まるでついさっき動かしたかのようだ。


遺跡内でシロディールから来たという魔法使いと出会った。
この遺跡で実験をしているらしい。
魔法使いには、余人には理解の出来ない変なやつが多い。







実験もとうとう大詰めというところで、拙僧がちょいちょいとボタンを勝手に触り、結果が出てしまった。
「おいしい所を持っていきやがって!」と魔法使いは怒りだす始末。

「マグナスの杖を手に入れると良い!在り処も教えてやる!」
・・・どうやら占いもやれるらしい。拙僧の運命を勝手に見て、お告げを吐き捨てるように言った。
・・・『さっさと実験室から出て行け』って意味だろーな。



遺跡内にあった実験室を出たところで、『ザ・ワールド』の使い手ならぬクアラニル君が現れた。
「大学にすぐさま戻った方がいい。」

・・・大したこと言うわけでもないのに、なんでいちいち時を止めるのかねー





急いで大学に戻ると、クアラニル君の言うとおり、大学内は騒然としていた。
顧問のアンカノが、発見した遺物にカメハ●波よろしく怪光線を放って、暴走させようとしているのだ。
しかもバリアーを周囲に張り巡らせ、誰にも邪魔させないようにして。

怒った校長先生がバリアーを突破し、アンカノに走りよったところで、
遺物から膨大なエネルギーが放出され、辺りは一瞬真っ白になった。

PR
【2012/03/17 21:55 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<少しずつ怖くなくなってきました | ホーム | 020 善意>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>