忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
060 ヴァルドの借金免除の書類


「はああ?ヴァルドに取り入りたい?そりゃまたどうして?」

ブリニョルフと相談した結果、メルセルが国外逃亡する前に、一刻も早く捕まえる必要があるという認識で一致した。

そこで、まずメルセルの行方を知るための手がかりを求めて、メルセルの家に行くことにしたのだ。
ただし、ヴァルドという男が常に家の周りの見張りをしており、秘密裏に事を運ぶのは至難の業だった。

「ヴェックスに聞いてみたらどうだ?彼女は情報通だから、何か知ってるかもしれん。」

期待した通り、ヴェックスは有力な手段を示してくれた。

「ヴァルドはメイビンに多額の借金をしているんだ。もしその借金を帳消しにできたら、奴は何でも言う事を聞くようになるだろうね。」



「・・・というわけなんだ。メイビンさんよ、協力してもらえんかな?」
「却下!」
「頼むよー!」
「却下!・・・はい、どうぞ。って簡単に言えるわけないでしょう。」
「ケチ。」
「ケチじゃなくて!まあ、でも代わりに言う事を聞いてくれたら、彼の借金をチャラにしてあげるわ。」
「話せるじゃん!で、何をすりゃ良いんだ?」



ホンリッヒ湖にやって来た拙僧は、ここのどこかに沈んでいるボートを探すべく、サルベージの日々が続いた。



あった!

ボートを見つけ出し、積んでいた金庫の中から『複製の羽ペン』というマジックアイテムを入手した。



「よくやってくれたわ。今度は私が約束を守らなきゃね。」



「はい、これが借金を帳消しにする書類よ。」
「サンキュー!」
「赤の他人の借金を無くすために奮闘するなんて、あんたも物好きね。」
「当然、見返りを期待してのことだけどな。」
PR
【2012/04/25 00:31 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<061 追跡2 | ホーム | 059 追跡1>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>