忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/18 23:43 】 |
053 ディベラの心臓2


「どおりゃああーー!娘を返さんかい、ワレーーーー!!

砦に突入してからと言うものの、エンモンはずっとこの調子だ。
フォースウォーンの姿を見止める度に、得物のつるはしを振り上げて襲い掛かっている。

フォースウォーンの連中は、奇声を発して襲い掛かる男よりも、その背後にいる拙僧の姿を見て、戸惑っていた。

(エ、エダジマ!なんであんたが一緒にいるの?)
(馬鹿野郎。お前達のせいだろ!)
(え?何のこと?)
(分からんのか?この人の娘さんを誘拐したんだろ?)
(あ、あれは金になるらしいってボスが言うから。)

エンモンの肩越しに、拙僧とフォースウォーンのアイコンタクトが交わされる。時にはジェスチャーまで交えて。

(とにかく、適当にやられたフリして倒れとけ!)
(あんたはどうすんだ?)
(俺はこの人を見張って、ずっとついてく。)

エンモンのつるはしが空を斬る度に、フォースウォーンがいささか、わざとらしく絶叫して倒れていく。
「うわあああぁぁ!!や・ら・れ・た~~~!」

下手な演技だが、無我夢中のエンモンに気づく様子はない。



「お父さん!」



「おお!フョトラ!無事だったか。」
「お父さん、助けに来てくれたの?」
「ああ、お前の為ならどこだって駆けつけるさ。」



「それにこの人が助けてくれたんだよ。」
「お坊さん?・・・ありがとう。」
「いやいや、どういたしまして。」



フョトラは次代のシビルに選ばれたことを知ると、大いに喜んだ。

エンモンも娘が神に仕える巫女になることに賛同した。
「俺も娘に着いてっていいか。娘が心配だし、その・・・女神官をいっぺんでいいから一目見てみたいし。」

このエロ親父め。
まあ、いいか。拙僧も他人のことをどーこー言えんし。



「良くやってくれたわね。ありがとう。」

次代のシビルが無事やって来たのを見て、ハマルはとても喜んだ。
「あなたにはお礼をしなきゃ。」
「いーよ。もともと拙僧が引き起こしたトラブルなんだろ?」
「でもあなたのおかげで、万事上手くいったのも確かだわ。ちょっと手を出して。」

拙僧がおずおずと手を差し出すと、ハマルは優しく口付けをした。

ドキン

「はい。これであなたにはディベラの加護がつくわ。これからの旅が無事であるように。」
「ふ、不覚。拙僧ってば盗賊なのに大事なものを盗まれてしまいました。」
「は?」
「それは拙僧の心です。」
「はあ?」
「ハマルぅぅぅーーー!好きだああ!!」
「こ、こら!離しなさい!私は神に仕えるものですよ。コラ、止めなさいってば!!」


あとの出来事は想像にお任せします・・・。

PR
【2012/04/15 12:10 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<054 湿ったスピリッツ | ホーム | 052 ディベラの心臓1>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>