忍者ブログ
  • 2018.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.08
046 仕事の結末


「おーい!着いたぜ。
「えあ!?お前、途中何にもなかったのか?
「まあ襲ってきたやつとかいたけどさ。ちょろかったつー感じ!?これで採用だろ?」
「い、いや。まだだ。」
「えー?話が違うじゃん。」
「うっせー。雇用者側の話を黙って聞いてろ!」
「お前、21世紀のとある島国じゃ、今の発言だけで一発アウトだぜ。」
「だあああ!と・に・か・く、やるの?やらないの?」



「ギルドから金を借りたまま、返さない奴が3人もいるんだ。奴らから借金を取り立てて来い。そしたら採用!」
「・・結構、天下の盗賊ギルドもなめられてんのね?
「うるせーよ。最近いろいろと不運が続いてるだけだよっ。・・おかげでちょっと威信に傷が付いちまってるんだ。

なんだか、ブリニョルフが泣きそうになったので、これ以上の追求は止めておいた。
こんなギルドに入って大丈夫か?という不安は生まれたが。。



一人目は酒場『ビー・アンド・バルブ』の女主人トカゲ娘のキーラバ。
不貞な女だったが、思わぬところから援護射撃があった。



彼女の婚約者のタレン・ジェイだ。
結婚を前にして、彼女がトラブルを抱えているのが不安らしく、綺麗さっぱりとした状態で、円満に結婚生活をスタートしたいらしい。結構クールですな。

ともかく故郷の話を振れば良いと教えられ、その通りに交渉しなおすと、あっさりと陥落。



二人目は『プローン質屋』の店主ベルシ・ハニー・ハンド。
こいつは街の平和を語るくせに、金のことになるとごねまくる困ったちゃん。


「ごちゃごちゃ言ってんじゃねーぞ!」



大事そうにしていた壷を叩き割ったら、ガタガタ震えだして、あっさりと陥落。
うーん、拙僧もすっかり悪やなあ。



三人目は『ヘルガの宿舎』のマスター、ヘルガ嬢。
店員をこき使い、自分は節操無く一週間で3人の男と寝たりする性悪女。
色気たっぷりやけど、勝気なタイプっす。



こういう女の子は、ちょっと脅すだけでよろしオマ。

店の奥に飾ってあったディベラ像に手を出しただけで、案の定、泣いて懇願された。陥落。





「で、拙僧どうなん?」
「ま、採用しねーワケにはいかんわな。お前さんの大した有能ぶりは十分に分かった。おめでとう。」
「よっしゃ!」

晴れて、盗賊ギルドの一員となった拙僧

めくるめく裏社会の活躍を乞う、ご期待!
PR
【2012/04/08 21:33 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<047 響き渡る声明 | ホーム | 045 チャンスのお膳立て>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>