忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/19 00:31 】 |
042 愛の書2


「一件で済むなら、神様いりません。もっと奉仕に励みなさい!」
「ぶーぶー!」



司祭の命に従い、今度はマルカルスにやってきた拙僧。

今度のターゲットは、ドワーフ遺跡の研究に勤しむ魔道士カルセルモ老。



じーちゃん、そのお年で恋しちゃったの?元気やねえ。若々しいねえ。
しかも話のきっかけが掴めないとか、ウブなこと言っちゃって・・カワユイのう。



彼女の好みをリサーチしてくれと頼まれて、モテ男と評判のイングヴァーに話を聞きに来た。

「ファーリンねえ。あいつは普段は強がってるが、詩の一つでも聞かせると、コロッと落ちそうだぜ。



噂の彼女、ファーリンはなんとマルカルス首長の親衛隊長!
謁見室に入っていくと、さっそくオブだったら衛兵に「シャラーーーッッップ!」って言われてそうな勢いで、止められた。
怖いよ。筋肉ネーチャンだよ。
(ゴ)リディアとどっこいどっこいだよ。



それが、イングヴァーが代筆してくれた詩を渡すと効果覿面!
『あれ?声優さん変わった?』と錯覚するぐらい、ナヨっとしちゃって、カワイらしくなっちゃった。

すげえな!イングヴァーさんよ!!
拙僧にもテクをいろいろと教えてくれよ。師匠って呼ぶからさ~。


カルセルモ老は、イングヴァーの仲立ちでファーリンと上手くいきました・・とさ。

あれ?今回、拙僧の貢献度薄くないカナ??

ほとんどイングヴァーのおかげだよね?


・・やべーよ!またマーラの司祭に『もう一回』とか言われちゃうよ~!


めでたくなしめでたくなし。
PR
【2012/04/03 23:29 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<ノリノリの酒場 | ホーム | 041 愛の書1>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>