忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/18 23:51 】 |
040 蒼白の淑女


盗賊の仲間割れの現場に出くわした。
集団で一人を取り込んでいるのだが、一人の方の強いこと強いこと!

あっという間に撃退して、逃げ去っていった。
・・とまでは良かったのだが、去り際に「仲間がおかしくなったの。とばっちりで私まで追われてるって訳。」なーんて、やたらと説明くさい台詞を残していくのが、気に障った。

拙僧にどーしろ、と?



最近、世話を焼くのが好きになっちゃった拙僧は、盗賊達の身ぐるみ剥ぎ(小遣い稼ぎ)を兼ねて、とりあえずアジトに侵入し、いろいろと調べてみることにした。

盗賊たちをまっ裸にしつつ、奥の部屋に辿り着いた拙僧は、置いてあった盗賊頭の日記を読んだ。



日記によれば、数ヶ月前に入った2人組の新人がとても役に立ったものの、うち1人の気が変になったため、粛清することにしたとか。それに気が付いたもう1人が逃亡を図って、今回の騒動になったらしい。
(ひでえ話。だけど仕方ないのかな。おバカな盗賊だもの。)





新人の部屋を覘いたら、やはり同様のことが書かれた日記やらメモやらが見つかった。

ただひとつ付け加えるなら、気が触れた方は、『蒼白の淑女』が追ってくると言って、24時間気が気でなく、眠ることもままならなかったらしい・・ことが分かった。



で、とうとう盗賊頭から先日遺跡で発見したという剣を奪い、遺跡内に戻しに行ったらしい。
剣さえ元に戻せば、蒼白の淑女は出なくなると、本人は信じているようだが・・。



それにしても、盗賊のアジトの真下にこんな遺跡があるなんて!
腐海の下に行ったナウシカのような気分ですな。

森やで、森があるで。自然はしっかり育ってまっせ。



騒ぎの張本人・ラジール君、発見!
残念ながら、一足遅く、蒼白の淑女にやられちゃったようっス。



さあて、ラジール君から剣をもらったし、伝説の女幽霊の面を拝ましてもらおうかい!

※『蒼白の淑女』は本にも載ってるスカイリム地方に伝わる逸話の一つ。夜な夜な子供を攫うとか、ナントカ。



体のシルエットはイイ線行ってるけど、肝心のフェイスが真っ白すぎて全く分から~~ん!!



興味の失せた拙僧は、そそくさと台座に剣を置いて、幽霊を異界送りしましたとさ。
めでたくなしめでたくなし。
PR
【2012/04/03 21:57 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<041 愛の書1 | ホーム | エントリーNo.005 ファストレッド >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>