忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
025 デイドラの親友


退屈な校長生活に飽きた拙僧は、刺激を求めて大学を飛び出した。
またまた冒険屋稼業を再開し、立ち寄ったファルクリースの街で迷い犬探しを請け負った。

久しぶりなので手頃な仕事を、と思って選んだのだが、そう簡単にはいかなかった。


歯車が狂い始めたのが、探していた犬が人語をしゃべった時である。

「俺はバルバス。実はデイドラプリンスの『クラヴィカス・ヴァイル』と喧嘩しちまって、家出中なのさ。」
「え?でもファルクリースの鍛冶屋で飼われてるんだろ?」
「それは仮の姿。餌とあったかい家を用意してくれる人間はいろいろ便利でね。」
「随分と上から目線だな。」
「そう言うな。実は折り入って頼みがあるんだがな。」
「ん?」
「喧嘩の仲裁を頼みたいんだ。」





クラヴィカスの像が祀られている洞窟へと向かうと、そこには吸血鬼の一団の姿が。
・・・すっかり住み着いちゃってるね~。

自分の居ぬ間に、勝手に我が家が不法占拠されていたバルバスは激怒。
止める間もなく、単独で吸血鬼の屯している所へ飛び出していき、
あっという間にすべての敵を片付けてしまった。

「すげー!




バルバスが戻ってきたことを知ったクラヴィカスは大喜び。
お礼に拙僧の望みを何でも叶えてくれるという。

スカイリムに平穏を!・・・と言ったら、
「全人類を滅ぼそう。ならば平穏はすぐにやってくるだろう。」とむちゃくちゃ言いよる。
・・・いやいやいや。
デイドラって基本、人間なんてゴミ以下ぐらいにしか考えてないことを思い出した。


拙僧にモテ期到来させて!・・・と言ったら、
「すまん。それだけは無理。」とこれまた理解不能な回答。
・・・ねえ?どういう意味?神でも無理ってこと?拙僧、泣くべき??

結局、「これで勘弁して」とパワーが宿った仮面をもらった。けっ

PR
【2012/03/21 00:35 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<026 失われた無垢 | ホーム | 従者 バルバス>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>