忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/19 00:00 】 |
022 禁じられた伝説
公には語られることのない歴史がある。
だが、どんなに禁じられようと、人々の口を完全に閉じることはできない。伝承は形を変えつつも、各地の民話や逸話として残るのだ。


その昔、アークメイジ・ゴールドールは類まれな知恵や魔術、力、資金を背景に世の人々の救済に当たり、民衆のみならず、為政者にまで敬われていた。彼の人徳を妬んだのは、息子たちであった。3兄弟は父の力の源が、片時も離さず身につけている首飾りにあることを知った。
彼らは父が寝入るのを見届け、寝台に忍び寄って殺害に及ぶと、首飾りのパワーを使って、民衆を治めようとした。人々が彼らの意のままに従おうとしないと知ると、次々に集落を滅ぼしていった。
王は事態に憤慨し、配下の魔術師に彼らの討伐を命じた。魔術師は3兄弟を一人また一人と追い詰め、最後の一人を倒すと、自身も力尽き、倒れた。
王は事の全てを記すのを禁じ、伝説を封印することに決めた。





何の因果か、今、拙僧は封じられた3兄弟と相対している。


古の伝承について書かれた歴史書を、大学の図書館で見つけたのがキッカケだった。
次にトラフディルと一緒にサールザルに行った時に、3兄弟の一人ジリク・ゴールドールソンの亡霊と戦ったことで伝承が真実であることを知った。

ゴールドールの首飾りは、絶大な力を秘めている。

こんな持ってるだけで格好の良いモテ・アイテムをを見逃す手はない!

その後、他の2人の亡霊とも戦い、3分割された首飾りを揃えた拙僧は、元の1つに戻すべく、ゴールドールの墓へとやってきた。

そこで3兄弟の揃い踏みを見ることになった。
一度倒したのに復活ですか?
しかも3人揃っちゃってるんですか?
3VS1ですかああ!!??

入ってきた扉の格子は下ろされ、強制戦闘の開始!
ひとりひとりだって強かったのに、束になってかかってくるなんてヤダあ!

・・・しかも、直前のセーブしてないよ~
ぜ、ぜってえに負けらんねえ


人間窮地に立たされると、思いがけないパワーを出すもんです。
『あれ?拙僧ってこんなに戦えたっけ?』というぐらい、鬼人の如き強さを発揮しました。

もう一回やれって言われても、絶対に無理だな。。


3兄弟を倒した後、ゴールドールのおっさんの幽霊が出てきて、首飾りを1つにしてくれました

体力、マジカ、スタミナ全てに大幅ボーナスの付く『ゴールドールのアミュレット』GETだぜィ
PR
【2012/03/18 11:52 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<023 マグヌスの杖 | ホーム | 少しずつ怖くなくなってきました>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>