忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
078 乱心


あまりにホワイトランでのナンパが上手くいかないので、もう一度勉強しなおそうと吟遊詩人大学に出向いた時のことだ。
夜遅くまで、詩の勉強をした後、表へ出ると、デルヴェニンという男が嘆いているところに出くわした。

「一体、どうした?」
「ご主人様が休暇から戻られてこないのです。もう何年にもなります。」
「そんなに!?」



ブルーパレス宮殿の『ペラギウスの羽』という部屋に行けば事態は進展するらしい。



「部屋の鍵?貸してもいいですけど、中は蜘蛛の巣だらけですよ。」



掃除係の言うとおりだな。
さて、ここに来れば何かが分かるらしいが。



わお!
(いきなり脱がされた!?)



ここはどこだ?



ん?あんなところで晩餐か?



「もう駄目だ。俺、自信ない。」
「何言ってるんだ!お前は立派に皇帝を務めてるよ。」
「でも何だか落ち着かないんだよね。」
「狂王ペラギウス、お前なくして民はどうするって言うんだ?」
「そうは言ってもさ。駄目駄目。今日のところは帰って寝るわ。」



「あんた、デルヴェニンのご主人さん?」
「いかにもそうだが、何か用か?」
「伝言を預かってきた。『早く休暇を切り上げて帰ってきてください』だとよ。」
「ほう。あいつが寂しがっているのか。この俺がいなくて?」
「まあ、そんなところだな。」



「分かった。では帰るとしよう。案内してくれ。」
「は?何言ってんだ。第一、ここはどこなんだよ。」
「ヒャッハー!いい所に気がついたな、定命のものの癖に。ここはペラギウス王の心の中だよ。」
「・・・あんた誰だ?」
「ヒーヒッヒ!私か?聞いて驚け!泣け!叫べ!マッドゴッドこと狂気の王、シェオゴラスとは私のことだ!」



「あ、そう。」
「おい、もうちょっとアツイ反応はないのかよ。」
「いや、薄々そうかな~って気がしてたし。」




この不思議な空間から出るための手段として、ペラギウスの心を治療しなくてはいけないらしい。

3つの課題があったが、すべてを解決して、再びシェオゴラスの元に戻った。



「おい。ペラギウスの心を直してきたぞ。」
「えらく主観的な物言いだな。まあ、いい。」



「お、おお!旦那様。私をお呼び下さったのですね。とうとう休暇は終了ですか?」

突然、デルヴェニンが現れて、面食らったが、主従ともども平然としている。
きっと彼らはこういうことを何度も繰り返してきたんだろう。

「いや。休暇はもうしばらく続ける。またこの者のように誰かを寄越されると鬱陶しいから、お前に釘を刺しておこうと思ったまでだ。」
「そ、そんなあ!」

またデルヴェニンの姿が消えた。



「一応、お前には迷惑をかけたようだからな。餞別に杖をやるよ。シェオゴラス様特製だぞ。」



ふと気が付くと、ペラギウスの翼へと戻ってきていた。

現実時間にして、一晩も経っていないだろう。
短時間の間に、いろんなことが起こって、ワケが分からなくなりそうだ。

たった一つ、分かったのは『シェオゴラスって変な奴!』ということだけである。
この言葉も彼にとっては誉め言葉になりそうだが。
PR
【2012/05/02 12:20 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<ドラゴンボーン資格剥奪!? | ホーム | 077 緊急事態3>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>