忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
012 奪還




スカイリムの凄い所は、オブ同様、なんと言っても『自由度の高さ』。
初めてオブをやった時なんか、キャラメイキングだけで相当の時間を潰したもの。
そして「行動の自由」、「成長の自由」、「職業選択の自由」・・・アハハン

今回、拙僧は峡谷を迂回するのが面倒で、架かっていた大木の上をおっかなびっくり通行することにした。落ちたら即死亡の状況で、なんとまあ山賊が通せんぼ!

弓矢でプスプスと射られつつ、イライラしながらじりじりと近寄って、仕留めることが出来るまでにライフは結構減ってしまった。
こういう道なき道を通行しようとするプレイヤーは、このゲームを選んだ人ならきっとそれなりにいる訳で、期待に応えるが如く、そういう状況でさらに山賊を配する辺り、製作スタッフもなかなか味なことをしてくれる



その後、アエラに教えられた砦に辿り着いた拙僧は、家族と砦を奪われ、報復に燃える元・領主と共闘し、シルバーハンドを壊滅することに成功した。あっさりとウースラドの破片も回収でき、ホクホクと帰路に着く。


戻った拙僧に、アエラは労いの言葉をかけてくれた。想像以上の強者であると褒め称え、「機会があればパートナーを組みたい」とも言ってくれた。
同胞団一の美女にそこまで言われて、拙僧もまんざらでもない
デヘヘヘヘ

PR
【2012/03/01 21:43 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<エントリーNo.004 カリタ  | ホーム | エントリーNo.003 リンリー>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>