忍者ブログ
  • 2018.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.05
011 シルバーハンド



同胞団の正メンバーになって間もなく、スコールのおやっさんに呼び出された。
曰く、「アエラが夜にアンダーフォージで待ってる。」

え?あの美人のねーちゃんが!?マジ?マジ?
何の用だろ~



アエラ「私の血を分けてあげる。そうすれば、真の仲間になれるわ。血を飲みなさい。」
え?そーゆうプレイなんすか?

なんかアブノーマルな感じで、拙僧もドキドキ・・優しくしてね

・・
・・・
・・・・う。
・・・・・うう。
・・・あれ?拙僧、さっきまで何やってたんだろう?
・・・なんか、頭がぼーっとしてて、イマイチ思い出せない。
・・・狼に変身したような気もするけど、まさかね。
・・・って、ここどこ?
・・・え?シルバーハンドって奴らのアジト?
・・・で、それを拙僧がたった今壊滅させたところ??

あれ?何でスコールのおっさん、倒れてんの?
え?拙僧よりも先に突っ込んで返り討ちにあった?

・・・なんか悪い夢でも見てるよーな。

とにかくアエラから、「スコールが盗られたウースラドの武器の破片をシルバーハンドの残党から奪い返して!」と涙ながらに懇願されてしまった。
男勝りで通してるアエラのこんな表情を見られるなんて・・・それだけでも報酬は十分!
やったろうじゃん!

PR
【2012/02/26 20:58 】 | 救世の旅 | 有り難いご意見(0)
<<エントリーNo.003 リンリー | ホーム | 010 ブリーズホーム3>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>